中学受験までの習いごと、習慣×継続×?

中学受験勉強が始まるまでにどんな習い事をしておくのがいいでしょうか聞かれることがあります。お勉強ができるだけではダメ。スポーツもできてほしいし、英語やプログラミングもやらせたい。でも中学受験勉強が始まったら習い事との両立は難しい。そんなことを前提にした質問です。

中学受験を前提にしなくても、小学生の時に学校の勉強以外に何の習い事をさせたらいいか悩むのが親心ですね。
学習塾、運動、ピアノ、書道等々。

以下の意見に私も賛成です。

結論からいえば、どんな習い事でもいいと思います。習い事によって何ができるようになるかよりも、どんなふうに取り組むかのほうがよほど大事です。以下の2点を注意して取り組むようにしてください。
1 教室に行ったときだけでなく毎日のルーティンを生活の中に取り入れる
2 つらいと思っても、そこでがんばってこそ成長ができて達成感が味わえることを経験する

中学受験で付属中学に行って、京都大学に行っている息子がやっていた習い事はなんだっけと思い返すと。
低学年の頃はお姉ちゃんと一緒に、個人でやっているピアノ教室。
3年生くらいから、地域の野球少年団。
それから公文にも少し。
それほど熱心に通わせていたわけでなく、地域の野球少年団は試合のたびまいか負けてるようなチームでした。

考えてみると、
ピアノと公文で毎日のルーティン
を、負け続けている野球チームの主力にもなれなくても最後までやり続けたこと
習い事はこれくらいだったので、それほど忙しくもなく余裕があった
のが、よかったのかな。

毎日のルーティン(習慣)、つらいと思ってもそこでがんばれること(継続)、それに加えてぼーっとする時間も必要なのですね。

蛇足かもしれませんが、これに加えて

親も、子供と一緒になって楽しむこと。

も、私は重要だと思います。

それが子どもにとって、毎日のルーティン(習慣)、つらいと思ってもがんばれる(継続)、ことにつながると思います。

東大生がやっていた習い事の何位だからじゃなくて、その習い事に親も一緒になれるかどうか。

子供の将来のため、いい習い事をさせてあげてください。


関連記事

  • 子どもの将来を決める「自信」の与え方

    2017/10/19

    2020年の教育改革の内容を見ても、これから子どもの教育は、今までとずいぶん変わりそうです。 アメリカを拠点に20年以上教育に携わり、4,000人超のグローバル人材を輩出したきた、船津徹氏の著書「世界標準の子育て」に関す…続きを読む

  • 二極化する習い事費用 について考える

    2018/1/20

    最近、習い事費用に関するアンケートの結果が2か所から発表されました。 夢★らくざプロジェクトでは、2018年1月に、未就学児から小学生までのこどもをもつ保護者136名を対象として、「習い事に関するアンケート調査」を実施し…続きを読む

  • 子どもの習い事 スイミング強し

    2017/5/20

    まだ部活動のない小学生のときは、学校以外に習い事をしていたという人も多いでしょう。習い事といっても、勉強や教養を目的としたものや、スポーツ、特技を生かしたものなど、さまざまなものがあります。イマドキの大学生は小学生のとき…続きを読む

  • JASRAC理事長「仲間内にやさしいっていうのはまずいですよね」

    2017/10/31

    2017年2月、JASRACがヤマハなどの音楽教室から著作権使用料を徴収する方針を発表したことは記憶に新しいだろう。  異を唱えるヤマハ音楽振興会などは、「音楽教育を守る会」を結成し、JASRACに対する反対署名を行うと…続きを読む

  • 習い事1つで子どもの能力を伸ばす方法

    2017/5/8

    親ならば誰もが「子どもの能力を伸ばしてあげたい!」と考えるものです。 特に現代においては、小・中学校受験をする子どもの割合も多くなっており、社会では語学力が求められるようになっていることから、早期から学習塾や英会話教室な…続きを読む