子どもが続けられる習い事はこれらしい

メーリングリストサービス「らくらく連絡網」(会員数650万人)を提供する株式会社イオレ(本社:東京都港区、代表取締役社長:吉田 直人、 http://www.eole.co.jp/ 、以下 イオレ)は、同サービス内における「習い事をしている子どもを持つ親」を対象に、「子どもの習い事に関するアンケート」を実施いたしました。

以前幼児期の習い事にかける費用の相場は? | マイナビニュースという記事を見かけましたが、こちらは小学生までの習い事に関するアンケートです。
このアンケートは「習い事をしている子どもを持つ親」が対象ですので、習い事を射ている前提での結果です。

何歳から習い事を始めましたか?

5歳(18.6%)」「4歳(17.2%)」「3歳(15.9%)」となりました。幼稚園に入園する3歳から習い事を始める子どもが多く、小学校に上がるまでに67.3%の子どもが習い事を始めています。

小学校で習い事をしているお宅では、結構早くから始めているんですね。

今も続けていますか?

「今も続けていますか?」の質問をしたところ、「はい (91.7%)」と9割以上の親が回答

9割が習い事を継続しているんですね。
ただ、始めた習い事を続けているのか、ほかの習い事に変えたのも含めて習い事を継続しているは、あいまいな感じですね。

習い事で1番続いている、もしくは続いていたのは何ですか?

「習い事で1番続いている、もしくは続いていたのは何ですか?」の質問に対しての回答トップ3は、「サッカー (20.8%)」「水泳 (19.4%)」「ピアノ (10.6%)」となりました。

やらせている(いた)習い事の母数が違うので要注意かも。
子どもの習い事 第一位はやっぱりこれ | ならいごとクラブで小学生がやっている習い事ランキングと見比べると、水泳、ピアノよりもやっている母数が少なさそうなサッカーが一位というは、サッカーの継続率は良さそう。

そう考えると4位にランクインしている野球も含め、団体競技の運動系が継続率が高そうです。
団体競技の運動系習い事は、親の負担も場合によっては多くなるので敬遠する方も多そうですが、みんなで支えあわなければいけない競技でもあるので、続けられる環境になるのかもしれませんね。


関連記事

  • ヤマハ JASRACに訴訟か

    2017/5/16

    日本音楽著作権協会(JASRAC)が音楽教室から著作権料を徴収する方針を決めたことに対し、音楽教室大手・ヤマハ音楽振興会(東京都目黒区)が7月にも、「教室での演奏には著作権は及ばない」として、JASRACへの支払い義務が…続きを読む

  • 音楽教室著作権問題は他人事じゃないかも 塾のテキスト音読も著作権違反なのかな?

    2017/9/7

    日本音楽著作権協会(JASRAC)が音楽教室から著作権使用料を徴収する方針を示している問題で、ヤマハ音楽振興会など約250の企業・団体がJASRACに徴収権限がないことの確認を求めた訴訟の第1回口頭弁論が9月6日に行われ…続きを読む

  • 二極化する習い事費用 について考える

    2018/1/20

    最近、習い事費用に関するアンケートの結果が2か所から発表されました。 夢★らくざプロジェクトでは、2018年1月に、未就学児から小学生までのこどもをもつ保護者136名を対象として、「習い事に関するアンケート調査」を実施し…続きを読む

  • 夏休みの課題 読書感想文終わりましたか?

    2017/8/17

    夏休みの課題、終わりましたか? 夏休みも終盤に入って、宿題の進捗状況が気になるころです。 宿題の中で、意外と後回しにされるのが読書感想文だと思います。 少しハードルが高い自由研究・自由工作と、「夏休みの友」のような やれ…続きを読む

  • ボーカロイドでプログラミング教室

    2017/7/4

    レコード会社のポニーキャニオンが、新たに小学生対象の「こどもミュージックプログラミング教室」を今夏7月から8月にかけて開催する。 ポニーキャニオンが「こどもミュージックプログラミング教室」を今夏特別開催 | PONYCA…続きを読む