ボーカロイドでプログラミング教室

レコード会社のポニーキャニオンが、新たに小学生対象の「こどもミュージックプログラミング教室」を今夏7月から8月にかけて開催する。

音楽×プログラミング?と思う方も多そうな気がしますが。

音楽を通じてプログラミング的思考の育成は、アリだと思います。

「ボーカロイド教育版」の歌づくりから触れるプログラミング的思考では

プログラミング的思考の育成
近年、プログラミング教育が注目され、小学校段階からプログラミング的思考(論理的思考力や創造性、問題解決能力等)を育むことの重要性が指摘されています。「ボーカロイド教育版」を用いての歌づくりでは、最初に歌のイメージをもち、それを具現するために、音の長さや高さなどを入力し、それを聴いて修正し、試行錯誤を重ねて一つの作品を完成させていきます。このような一連の学習過程に、プログラミング的思考が重なるのです。
思考力・判断力・表現力等の育成
これからの時代の子どもたちに育成すべき資質・能力の三つの柱として、「学びに向かう力・人間性等の涵養」、「知識・理解の習得」、「思考力・判断力・表現力等の育成」があげられています。「ボーカロイド教育版」を用いた歌づくりの学習は、「思考力・判断力・表現力等の育成」と直接的に関わります。歌づくりで試行錯誤を重ねる場面では、知識や技能といった理論的な面と、自らがもっている感性的な面を往還させながら、思考、判断し、表現力を高めていくことができます。
アクティブ・ラーニングの導入
アクティブ・ラーニングとは、直訳すれば能動的な学習のことで、主体的な学び、対話的な学び等がキーワードとしてあげられています。「ボーカロイド教育版」は、個別にタブレットを用いて歌づくりができる学習環境であれば、主体的な学びを実現し、グループに一台のタブレットを用いて歌づくりを行う学習環境であれば、対話的な学びを実現します。

と書かれていますが。

それよりも、楽譜ってプログラムなんですよね。

プログラミングの三大要素は

  • 順次
  • 繰り返し
  • 分岐

で、音楽の楽譜にはこれらがちゃんと定義されたいます。

順次はもちろんのこと
楽譜の反復記号を見ると
繰り返しは「直前の反復開始記号または曲頭に戻る。何も断りがなければ1回だけ戻って反復する。」
とか、
分岐は「カッコ」「ダ・カーポ」「ダル・セーニョ」「セーニョ」「ヴィーデ」「トゥー・コーダ」「コーダ」「フィーネ」などとか。
まあプログラム言語としてみちゃうと、すこし分岐の部分がこなれてない感じですが。

プログラミングってなんともハードルが高い気がするかもしれませんが、音楽でプログラミングを感じてもらうには、ホント面白い企画だと思います。

特別開催でなく、いろいろな音楽教室で取り入れられたら面白いですね。


関連記事

  • プログラミング教室の現状

    2017/4/29

    こどもの習い事としてプログラミング教室は、2020年から小学校で必修化の動きを受けて、「2017年にさせたい習い事」で第1位になっています。 こども向けのプログラミング講座を行っている教室について調べてみました。 こども…続きを読む

  • 考え・判断を表現する場、ヒューマンアカデミー小中学生教室全国大会開催

    2017/8/29

    ヒューマンアカデミー(東京都新宿区、新井孝高社長、03・5389・8672)は、「第7回ヒューマンアカデミーロボット教室全国大会」を東京都文京区の東京大学安田講堂で開いた。 ヒューマンアカデミー小中学生教室全国大会 東大…続きを読む

  • 幼稚園児の習い事 早いほどいいの?と注意点

    2017/10/29

    最近は幼稚園児から習い事を始める家庭が増えたようです。 幼稚園児向けの教室では、どんな習い事がランキングの上位なのでしょう。早いうちから習い事をさせるメリット&デメリットや、費用、習う数、時間など、最新の情報をお伝えしま…続きを読む

  • 子どものやる気をつちかう方法

    2017/9/15

    子どものやる気というのは、気まぐれなものです。 習い事に関してもそうですね。 習い事に「行きたくない」と駄々をこねるときもありますよね。 子どものやる気を高めるヒントとして、「クーバー流!子どものやる気を高めるコミュニケ…続きを読む

  • 将来子どもになってもらいたい職業にプログラマー!?

    2017/8/19

     e-ラーニングに関するサービスの様々なコンテンツを提供する株式会社イー・ラーニング研究所(代表取締役:吉田智雄、本社:大阪府吹田市 以下、イー・ラーニング研究所)は、将来子どもになってもらいたい職業や2020年の教育改…続きを読む