ボルダリング教室が各地で注目


習い事のニュースを見ていると、このごろ「スポーツクライミング」や「ボルダリング」という言葉を見かけることがよくあります。
今日も、こんな記事。

 2020年東京五輪の追加種目として注目されるスポーツクライミング。静岡県内でも小中学年代の競技熱が高まっている。メディアに登場する機会が増え、認知度が向上。保護者の間では水泳や体操クラブのような子どもの“習い事”としても定着し始めている。

以前にも




など、児童向けのボルダリング教室開設の動きがあります。

ところで、2020年東京五輪の追加種目として注目されている「スポーツクライミング」とは、人工的に作った壁で、「ボルダリング」、「リード」、「スピード」の3つの種目を競うスポーツです。

高いところに行きたいというのは本能としてあるもの。
昔の子どもは木登りしてしていたし、登れる壁があれば登りたい(うちのかみさん、近くの城の石垣に登っていて怒られたとか)
しかし高いところに登るのにはリスクがあって落ちた時のことを考えると、あらゆるところで木登り、石垣登りは禁止されているのが現状でしょう。
でも高いところに登りたいを、いろいろな危険の想定をしてそれを排除してスポーツ化したのが「スポーツクライミング」なのだと思います。
その結果として、オリンピック種目として採用されたのでしょうから。

安全な壁登りとして考えると
・柔軟性と全身の筋肉、体幹が鍛えられる
・運動神経の発達を促し、あらゆるスポーツに応用できる
・どうやって登ろうか考える知育が期待できる
・それを記憶するための記憶力がつく
・足場との距離を把握する空間認識能力がつく
・トライアンドエラーで忍耐力を養い、達成感を積み重ねられる
・自分との闘いで根性がつく
など、いろいろな効果が期待できる習い事だと思います。

2020年東京五輪の追加種目として、競技人数が少ないから活躍できるかもといったアプローチもあっての注目もあるかもしれませんが、そうでなくても習い事としての「ボルダリング」は面白い習い事だと思います。

もっとも、習い事として小学生がやれる「ボルダリング」の教室はまだあまりないかと思います。
まずはこの夏休みで、ボルダリングの体験:asoview!で、近くでボルダリングができる施設を探して体験してみてはいかがでしょうか。


関連記事

  • 選挙には行きましたか?子育てママが政治に望むことは?

    2017/10/27

    先週に行なわれた、「第48回衆議院選挙」 台風が接近中の選挙でしたが、投票には行かれましたでしょうか? 「子どもを持つママが政治に期待すること」に関するアンケート結果が公表されましたので、ご紹介。 株式会社 学研ホールデ…続きを読む

  • 子どもの習い事が変化?けれど これからもっと

    2017/6/9

    以前eb-i Xpressの習い事ランキングを紹介しましたが、今回はベネッセの調査です。 あなたは子どもの頃どんな習い事をしていましたか? 子どもの習い事は時代とともにどう移り変わっているのでしょうか。ベネッセ教育総合研…続きを読む

  • 夏休みの習い事体験を探すには

    2017/6/19

    もう一か月もすると夏休みですね。 長い休みがあるこの時期、小学生の子供にはいろいろな体験をさせてあげたいところです。 調べてみると、もうすでにあちらこちらでいろいろな、夏休みの小学生向け体験授業がアナウンスされています。…続きを読む

  • 教育が変わる!に対する意識格差

    2017/9/28

    教育が変わるのを知っていますか?知っているのはまだ半数なのだとかで、2020年から行われる教育改革について、一般的にどのくらい認知度があるか「Gakken Tech Program」で行った調査について触れましたが、他に…続きを読む

  • あさイチの教育改革 未来に向かって学習塾の役割は?

    2018/1/11

    昨日10日のNHKあさイチで子どもの授業が激変!2018教育改革最前線が放送されました。 大まかな内容としてはNHK「あさイチ」特集:「子どもの授業が激変!2018教育改革最前線」 視聴メモ(2018年1月10日) &#…続きを読む