夏休みの課題 読書感想文終わりましたか?


夏休みの課題、終わりましたか?
夏休みも終盤に入って、宿題の進捗状況が気になるころです。
宿題の中で、意外と後回しにされるのが読書感想文だと思います。
少しハードルが高い自由研究・自由工作と、「夏休みの友」のような やれば終わるドリルとの間で、隙間で残ったりしませんか。

ちょっと前にネット上で話題になっていた読書感想文。

中学1年の時、読書感想文に「つまらん」とだけ書いた。すると何故か教頭先生(元国語の教員)に呼ばれ「なにがつまらないか箇条書きにして持っておいで」と言われ、それを書いて持って行くとその場でするすると繋げてくれた。
そうしてそれに僕がまた書き足して教頭先生も書き足して・・・と何度か繰り返していると400字原稿用紙が10枚くらいになった。最後に出来上がったものを読み返すように言われ、そうすると「これが評論というものなんだよ。よくがんばったね」と言われた。僕は国語が大好きになった。
夏の懐かしい思い出。

読書感想文、簡単に書けちゃう子もいますが、自分も結構苦手な夏休みの課題だったりしました。
読書量としては小学生当時、クラスで一番くらい本を読んでいた自負はあるのですが、それを感想文として表現する方法が解らなかったんだと思います。

この教頭先生のように
「なにがつまらないか箇条書きにして持っておいで」
といったきっかけがあれば、当時もう少し苦手意識が払拭されたかも。
そういったきっかけを与えてあげる役割として、保護者の意識も大切。

宿題終わったのチェックも必要ですが、なんで出来ないのか、終わってないか、子どもに寄り添って一緒に課題を解決するのも必要かもしれませんね。


関連記事

  • 子どものやる気をつちかう方法

    2017/9/15

    子どものやる気というのは、気まぐれなものです。 習い事に関してもそうですね。 習い事に「行きたくない」と駄々をこねるときもありますよね。 子どものやる気を高めるヒントとして、「クーバー流!子どものやる気を高めるコミュニケ…続きを読む

  • 二極化する習い事費用 について考える

    2018/1/20

    最近、習い事費用に関するアンケートの結果が2か所から発表されました。 夢★らくざプロジェクトでは、2018年1月に、未就学児から小学生までのこどもをもつ保護者136名を対象として、「習い事に関するアンケート調査」を実施し…続きを読む

  • 習い事の記念日を調べてみた

    2017/6/13

    先日記事にした6歳の6月6日に習い事を始めると良いらしいで、習い事の記念日に興味が出ました。 ということで、このサイトで扱っている習い事の各記念日を調べてみました。 水泳 8月14日 水泳の日 国民全員が泳げ、水難事故を…続きを読む

  • 子どもの教育費について考えよう。18歳になるまでに貯めておきたい金額は?

    2017/11/22

    たくさんお金がかかると分かっていても、なかなか貯められないのが教育費。でも、いざ子どもが成長したとき「お金が足りないから希望の進路には進めない」なんてことは避けたいですよね。子どもがやりたいことをやらせてあげたい――その…続きを読む

  • 二極化する習い事費用とか 実際やっている習い事を推察

    2018/1/22

    二極化する習い事費用 について考える で、親の年収、また地域において、学校外活動費(習い事費用)に対しての二極分化はありそう、としましたが、年収層、地域別の具体的な履修習い事の調査結果が見当たらなかったので、各習い事で掛…続きを読む