音楽教室著作権問題は他人事じゃないかも 塾のテキスト音読も著作権違反なのかな?


日本音楽著作権協会(JASRAC)が音楽教室から著作権使用料を徴収する方針を示している問題で、ヤマハ音楽振興会など約250の企業・団体がJASRACに徴収権限がないことの確認を求めた訴訟の第1回口頭弁論が9月6日に行われました。

まったく著作権には詳しくないので、個人的な感想と懸念になりますが、
子どもが通っている習い事の教材でこういった場合、著作権的にどう思いますか。

  1. 市販されている問題集のコピー
  2. 村上春樹の作品から作ったオリジナルの問題プリント
  3. 村上春樹の作品から作った問題プリントを音読すること

自分で問題を振っておいてなんですが、自分も正解は解りません。

自分としての回答としては

  1. 市販されている問題集のコピー
    これはだめですよねw
  2. 村上春樹の作品から作ったオリジナルの問題プリント
    グレーな感じですが、村上春樹の作品の部分が、ちゃんと引用になっていればセーフなのかな?
  3. 村上春樹の作品から作った問題プリントを音読すること
    これは大丈夫

だと思っていました。

でも調べてみると、村上春樹の作品を音読するには口述権が発生するのだとか。

口述権、正直あまり聞きなれない言葉かもしれません。これも著作財産権の一つで、公の場で朗読会をするときなどに関係してきます。テレビや映画などのように大々的に公の目にうつることはないので、ちょっと地味なイメージがあるかもしれません。声に出して作品を読むことで多くの人に内容が伝わるため、口頭で伝える場合にもやはり著作権が発生するのです。

これを今回の日本音楽著作権協会(JASRAC)が音楽教室から著作権使用料を徴収する方針を示している問題で、ヤマハ音楽振興会など約250の企業・団体がJASRACに徴収権限がないことの確認を求めた訴訟でのJASRAC側の主張

 著作権法は公衆に直接聞かせる目的で楽曲を演奏する「演奏権」を作曲家や作詞家が持つと定めており、JASRACはこの規定をもとに料金を求めている。裁判では、この規定が音楽教室の演奏にも及ぶかが争点になる。

音楽教室内の演奏にも「演奏権」が適応されるのでしたら、営利目的の学習塾が、村上春樹の作品を生徒に対して音読したら、「口述権」の著作権違反でアウトなのかな。


関連記事

  • プログラミング教室の現状

    2017/4/29

    こどもの習い事としてプログラミング教室は、2020年から小学校で必修化の動きを受けて、「2017年にさせたい習い事」で第1位になっています。 こども向けのプログラミング講座を行っている教室について調べてみました。 こども…続きを読む

  • マインドストーム 正規代理店 アフレル ロボットプログラミング教室参入

    2017/6/12

    また一つ、ロボットプログラミングの教室群が増えそうです。 「こどもロボットプログラミング教室」事例・開設セミナー6・7月 | リセマム 「こどもロボットプログラミング教室」事例・開設セミナー6・7月 | リセマム ロボッ…続きを読む

  • 夏休みの習い事体験「ロボットプログラミング教室」

    2017/7/19

    夏休み。 小学生にとって年に一度1か月余りのお休みの期間。 じっくり検討ができるせっかくの機会なので、この時期いろいろ習い事を考えているご家庭も多いかと思います。 体験講座を開催してい教室も多いのですが、普段の時だとなか…続きを読む

  • タミヤがロボットプログラミング教室に参入

    2017/5/15

     株式会社ナチュラルスタイルは、株式会社タミヤと共同開発したオリジナルのカリキュラムによる「タミヤロボットスクール」を全国展開すると発表した。  タミヤロボットスクールでは、プログラミング専用PC「IchigoJam」で…続きを読む

  • 子どものやる気をつちかう方法

    2017/9/15

    子どものやる気というのは、気まぐれなものです。 習い事に関してもそうですね。 習い事に「行きたくない」と駄々をこねるときもありますよね。 子どものやる気を高めるヒントとして、「クーバー流!子どものやる気を高めるコミュニケ…続きを読む