新学習要領で 坂本龍馬は教科書から消えるのか?

と話題ですが。

「坂本龍馬 教科書」Googleニュース検索をしてみると、騒動の発端はこのあたりの記事みたいです。

 大学入試で歴史の細かい用語が出題され、高校の授業が暗記中心になっているのは問題だとして、高校と大学の教員らで作る「高大連携歴史教育研究会」(会長=油井大三郎・東京大名誉教授)が用語の精選案を発表した。「とにかく用語が多すぎる」として、教科書の本文に載せ、その知識を入試で問う用語を現在の3500語程度から約半分にすべきだとしている。精選案についてのアンケートも実施しており、今年度末までに最終案をまとめる。

—–中略—–

「クレオパトラ」「ガリレオ・ガリレイ」「武田信玄」「上杉謙信」「吉田松陰」「坂本龍馬」などは「実際の歴史上の役割や意味が大きくない」などとして削った。

 高校の日本史、世界史で学ぶ用語を現在の半分弱の1600語程度に減らすべきだとする提言案を高校、大学の教員団体がまとめた。暗記項目を絞り、社会の成り立ちを流れで学ぶ歴史教育を重視する。歴史上の人物では坂本龍馬や上杉謙信らも削減対象とされており、教科書会社などの対応が注目される。

本来の趣旨としては、「歴史の暗記項目が多すぎるから半分くらいに整理しましょう」ということなのですが、「武田信玄」「上杉謙信」「吉田松陰」「坂本龍馬」は「実際の歴史上の役割や意味が大きくない」ということで



と、坂本龍馬ファンをはじめ、あちらこちらで反発意見が出ています。

でも、高大連携歴史教育研究会の示している、歴史系用語精選の提案(第一次)の内容を見ると、
「えっ、こんな歴史用語も教科書に載っていて、試験問題に出ているの?」
という用語が非常に多いです。

 大学入試で教科書に載っていない細かい知識を問う問題が出ると、その用語が教科書に追加されることが繰り返され、用語数は増え続けてきた。

結果なんですね。

実際、歴史って試験で覚えないといけない用語が多すぎませんか?


という意見もありますが、まずは歴史の流れを理解すること。
その中で、自分が興味を持ったことに関して深くゆくのが「オタク」じゃないんですかね。

自分も海援隊、武田鉄矢さんが好きで、コンサートなんて他にはめったに行ったことがないのに、海援隊のコンサートには行きました。
その影響で龍馬も好きで、司馬遼太郎の「龍馬がゆく」を読んだり、高知まで行ったりとしました。

でも、受験の歴史教科において「知っていないといけないこと」、の中に「坂本龍馬」が入っていないことは、疑問に感じる部分もありますが、教科書に「坂本龍馬」が出てこないからといって、それ以外の提言された用語はどうか?
という提言が否定されそうなのが、怖いところ。

そもそも、高校と大学の教員らで作る言ってみれば民間の「高大連携歴史教育研究会」からの提言で、強制力も何もないんですよね。
それが、「坂本龍馬が教科書から消える」という論調になっているのがなんか変な感じです。 


関連記事

  • 習い事の記念日を調べてみた

    2017/6/13

    先日記事にした6歳の6月6日に習い事を始めると良いらしいで、習い事の記念日に興味が出ました。 ということで、このサイトで扱っている習い事の各記念日を調べてみました。 水泳 8月14日 水泳の日 国民全員が泳げ、水難事故を…続きを読む

  • 習い事をするなら野球よりウインドサーフィン!?

    2017/8/6

    子どもに習い事をさせるのでしたら、その子の将来のためになって欲しいですよね。 そのためにどの習い事をやらせるかという観点は、とても重要です。 他の子が大勢やっているからとか、不得意な部分を減らすため、などで子どもの習い事…続きを読む

  • 次期学習要領で変わることと、小学校プログラミングを教育ICTの先生に聞く

    2017/10/30

    2020年の教育改革に対して、関心を持っている方も多いでしょう。 ただ、なぜ変わるのか、どう変わるのか。 それから、なぜプログラミング教育が導入されるのか、私も含め今一つわからない方も多いかもしれません。 そこで、教育I…続きを読む

  • 夏休みの習い事体験を探すには

    2017/6/19

    もう一か月もすると夏休みですね。 長い休みがあるこの時期、小学生の子供にはいろいろな体験をさせてあげたいところです。 調べてみると、もうすでにあちらこちらでいろいろな、夏休みの小学生向け体験授業がアナウンスされています。…続きを読む

  • 子どもの将来を決める「自信」の与え方

    2017/10/19

    2020年の教育改革の内容を見ても、これから子どもの教育は、今までとずいぶん変わりそうです。 アメリカを拠点に20年以上教育に携わり、4,000人超のグローバル人材を輩出したきた、船津徹氏の著書「世界標準の子育て」に関す…続きを読む